個別指導塾の講師に関するメリット

個別指導塾の講師になるメリット

塾の講師も、働く塾の環境によって、仕事内容や求められるスキル等に違いがあるようです。 個別指導塾の講師最大のメリットは、対象となる学生の人数が1人~2人など、少ない点が挙げられます。教える側が生徒に寄り添いやすく、苦手科目や弱点を早期に発見しやすいです。そのため早期に学習方法や方針が立てやすく、中身の濃い授業が展開しやすい状況にあると言えます。当然応対する保護者も少なくなるため、より密度の濃い話し合いも可能です。塾や学校、家庭の様子も共有しやすいので、より効率的な学習が出来るよう、環境設定しやすい点もメリットです。 塾講師は一般的なバイトの中では高い時給が魅力です。集団で授業を行う塾講師は、個別指導塾の講師と比べると、時給は高めに設定される傾向にあります。

働きやすい点も個別指導塾講師のメリットです

集団指導塾、個別指導塾を問わず、塾の授業時間は子どもたちの放課後に設定される事がほとんどです。一概には言えませんが、大体15時台から始まって、21時前後でお終いになるパターンが多いようです。そのため働く時間の管理がしやすいのが、大きなメリットと言えます。飲食業や小売業のバイトであれば、日中シフトに入る必要が出てくることも多く、自分の学業や他の用事と調整しなければなりません。夏休みなどの長期休暇中を除けば、個別指導塾に関しては、ほぼ働く時間帯は固定されます。

他には、体力的な面で楽な点が、大きなメリットです。個別指導塾であれば生徒の横に座って教えることがほとんどなため、体力の消耗は数あるバイトの中でも少ないです。